<ソフト競馬>ルール


<基本ルール>

レース毎に決められた「規定タイム(「距離タイム」という)」より遅いタイムで走行する。
 その中で「2番目」に早いタイムの人馬が1位

 以下、
 「3番目」のタイムの人馬が2位、「4番目」のタイムの人馬が3位・・・
 「一番タイムが早かった人馬が最下位」となる。

例)
・規定タイム(「距離タイム」):16秒00
・出走:5頭
 1位 ○○号 ○○騎手 :17秒00(2番目のタイム)
 2位 □□号 □□騎手 :17秒50(3番目のタイム)
 3位 △△号 △△騎手 :18秒50(4番目のタイム)
 4位 ■■号 ■■騎手 :20秒75(5番目のタイム)
 5位 ☆☆号 ☆☆騎手 :16秒50(1番早いタイム)

※「規定タイム(「距離 タイム」)」より早 いタイムは登録されない(失格)。


レースの決着は「ネット上」で行う。
レース毎の参加人馬に上記の
「規定タイム(「距離タイム」という)より遅いタイム」の走行動画を投稿してもらい、
ネット上で動画と結果を発表する。

 

<レース距離について>

レース毎に「規定タイム」が決まっている。

 この「レースの規定タイム」のことを「距離タイム」と言い、

 これが「レース距離」に相当する。

例)

規定タイム「16秒00」「距離タイム:1600(せんろっぴゃく・せんろく・まいる)

規定タイム「24秒00」「距離タイム:2400(にせんよんひゃく)

など。

 

実際の距離(スタート~ゴールまでの長さ(メートル))の規程はない。
 
・騎手が馬との走行を考慮し
 「勝ちタイム(2番目のタイム)になると思う距離」
 を自ら設定する。 

 

 

<走行(歩法)>

・レース中(スタート~ゴール)の「馬の歩法」に規定はない。
 ただし、レース中の(故意の)「停止」は禁止(やむを得ない場合を除き失格)

・「馬の歩法」は以下
 ○「常歩(なみあし)」「速歩(はやあし)」「駈歩(かけあし)」
 ○「ピアッフェ」「パッサージュ」もOK

 △「襲歩(しゅうほ:ギャロップ)」は競馬施設でのみ可
 ×「停止」は禁止(やむを得ない場合を除き失格)

※いずれ も「騎手の技術」、「馬の状態」、「馬場の広さ」に相当する歩法であること

 

<スタート・ゴール地点>

「スタート」「ゴール」地点には必ず何らかの目印を置く事

「目印」とは以下のような物
・パイロン
・障害の袖
・障害のスタート・ゴール地点のように旗振りをする人
など。

特に規程はないが、
「(動画を)見ている人がスタート・ゴール地点と分かる」ように設置すること。

 

 

<タイム計測方法>

タイム計測方法は「レース」と「追い切りタイムトライアル」で異なる。

 

<レース>

スタート地点(目印付近)に馬の鼻面を合わせ一旦停止する。

完全停止(四肢が揃っている状態)から約2秒後に動き出す。

「馬の臀端(お尻の端)がスタートラインを通過した時」にタイム計測を始める。

「馬の鼻面がゴールラインに達した時」にタイム計測を止める。

 

 

<追い切りタイムトライアル(※)> 

(※レースにより有無が異なります。)

 

「スタート地点通過時」にタイム計測を始める

 ※スタート地点で停止しなくて良い

「馬の鼻面がゴールラインに達した時」にタイム計測を止める

 

 

 

<禁止・失格事項>

・スタートからゴールまで規定タイム以内の走行(動画)

・スタートからゴールまでの「停止」(やむを得ない場合を除く)

ムチの使用(肩ムチはOK)

 

 




スポンサーリンク